MENU

プロミスが採用している残高スライド元利定額方式とは?メリットデメリットはあるの?

金融業者によって、キャッシングの返済方式は異なっていますが、プロミスでは残高スライド元利定額返済方式をとっています。この残高スライド元利定額返済方式とは、最終借り入れ後の残高によって毎月支払わなければいけない返済額が変わる仕組みとなっています。利息に関しては、プロミスでは元金定額方式ではなく元利定額方式ですから毎月の返済額の中に利息が含まれているカタチになっています。元金定額方式というのは、元金にあてられる毎月の返済額に利息を上乗せして支払う仕組みとなっているものです。プロミスで採用している残高スライド元利定額返済方式のメリットやデメリットについて紹介すると共に、借り入れ後に困らないようお勧めの返済の仕方も紹介したいと思います。

 

プロミスの残高スライド元利定額返済方式について詳しく知りたい!メリットやデメリットは?

残高スライド元利定額返済方式について、例に基づき分かりやすく説明していきましょう。まずプロミスの返済額は借り入れ残高が30万円以下の場合、借り入れ残高×3.61%、30万超過〜100万以下で×2.53%、100万円超過で×1.99%と決まっています。つまり最終借り入れ後の残高によって適用されるパーセンテージも変わり、返済額も異なる仕組みです。そして上記の計算式で算出された返済額に金利に基づいた利息が含まれます。プロミスでは毎月の返済額から利息を差し引いた分が元金の返済にあてられているのです。

 

例を見ながら考えると、30万円を借りた場合の借り入れ残高は当然30万円ですから返済額は30万×3.61%(1000円未満切り上げ)となります。5万円を返済した後、追加で10万円を借り入れした場合、最終借り入れ(10万円借り入れ)後の残高は最初の30万円−5万円+10万円=35万円となります。すると返済額は残高である35万円×2.53%となるのです。

 

また別の例をあげると、10万円借りた後に追加で30万円を借り入れし、15万円返済した場合の返済額は、最終借り入れ(30万円借り入れ)後残高は40万円となるため、40万×2.53%となります。実際の残高は15万円返済しているので10万+30万−15万=25万円ですがプロミスの残高スライド元利定額方式では、実際の残高ではなく最終借り入れ後の残高によって返済額が決定するのです。仮に完済するまで一度も追加で借り入れ行わなければ、毎月の返済額は最後まで一貫して同額となります。

 

メリットは?

 

残高スライド元利定額方式のメリットは、毎月の返済額が少なくて済むため返済により生活が困るといった心配が少ないということです。

 

デメリットは?

 

一方で残高スライド元利定額方式には、デメリットも存在します。返済額の中に利息が含まれますから毎月決まった額を返済するだけでは中々元金が減りません。そうして元金が中々減らなければ返済は長期化しますから、利息の支払い分も大きくなってしまうというデメリットがあります。

 

プロミスの上手な返済の仕方

プロミスでは、毎月設定された返済額以上であれば、いくらでも上乗せして返済をすることが可能です。利息が含まれるのは、設定された返済額だけですから、元金を早く減らすには繰り上げ返済をすることです。繰り上げ返済した分には利息が含まれず全て元金の返済に充てることが出来ます。お金に余裕がある時にこうした繰り上げ返済をすることで、早く返済を済ませ無駄な利息をカットすることも可能となるのです。

 

返済が遅れそうになったら?

万が一返済日までに支払いが出来ず遅れそうな場合は、プロミスコールに返済期日前に連絡を入れましょう。返済期日を過ぎてしまってからよりも、返済期日前に電話を入れるのが鉄則ですが、もし期日を過ぎてきまった場合でもそのままにしておかず即連絡をしなければいけません。期日を過ぎた場合でも、プロミスコールに連絡をし指示に従いましょう。とはいっても、勿論返済期日はしっかりと守ることが金融業者を利用する上での常識です。

 

まとめ

プロミスが返済システムとして採用している残高スライド元利定額方式は、名前だけ聞くと非常に複雑そうに思えます。しかし、一旦その内容や仕組みを理解してしまえば難しいことはありません。ようはプロミスでは、返済額が最終借り入れ後の残高により変わりその返済額の中に利息も含まれる仕組みとなっているのです。残高スライド元利定額方式のメリットは、毎月の返済額が少なく負担が掛からないこと。そしてデメリットは元金が減りにくいため返済期間が長くなり、利息を多く支払う結果になってしまうことです。そのため、プロミスで返済をする時はなるべく繰り上げ返済を行うようにしましょう。そうすれば、繰り上げで返済した分は全て元金に充てることが出来るので、返済期間の短縮、利息の負担が軽くなるのです。そうすれば残高スライド元利定額方式のデメリット部分をあまり気にする必要がなくなります。どんな返済方法にも必ずメリットデメリットはあますから、特別残高スライド元利定額方式のデメリット部分を気にする必要はありません。

キャッシング詳細


プロミスプロミスのおすすめポイント


銀行グループ 実質年率 融資枠 無利息期間
SMFGグループ 4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日融資は平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

※フリーター/主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。


プロミス