MENU

プロミスの審査を通過する為に覚えておきたいポイント

消費者金融の中でも長い歴史を持っているプロミス。CMで見かける機会も多く、知名度も高いのでキャッシング先にプロミスを選択する人も多いでしょう。プロミスは、銀行系カードローンと比較すると審査に通過し易く他社と比べても特別厳しい条件はありません。例えば他のカードローンやクレジットカードなどの支払いを延滞しておらず、任意整理などの債務整理の情報が登録されていないならば、ポイントを押さえておきさえするなら、プロミスの審査に通過してカードローンを利用することは難しくないのです。プロミスに申し込むための条件や審査通過のためのポイントをここでしっかりと確認しておきましょう。そうすれば、きっとあなたもプロミスの審査に通過することが出来るはずです。

 

ここを押さえておけば大丈夫!プロミスの審査で大切なポイント

 

まず初めにプロミスの審査の為に必要な書類を準備しておきましょう。

 

本人確認書類

 

プロミスで審査に申し込むためには、本人確認が出来る書類を用意しなければいけません。プロミスでは本人確認書類として、運転免許証の提出をお勧めしています。もし、運転免許証がない場合は健康保険証パスポートでも代用することが出来ます。ただしこれらの本人確認書類には、現在の住所が記載されている必要があります。上記の本人確認書類と現在の住所が異なる場合は、現住所が記載されている発行日から半年以内の以下のものを用意しましょう。

  • 納税証明書
  • 社会保険料の領収書や請求書(電気ガス水道など)
  • 住民票の写し
収入証明書

 

プロミスでは本人確認書類の他にも、場合によっては審査の際に収入証明書を用意する必要があります。プロミスで50万円を超える額を希望する場合、または他社での利用残高の合計が100万円を超える場合に収入証明書が必要となります。収入証明書としては以下のものを用意しましょう。

  • 最新の源泉徴収票
  • 最新の確定申告書
  • 直近2カ月分の給与明細書
上記のように、プロミスでの借り入れが50万円を超えないもの、他社のご利用残高が100万円を超えない場合は収入証明書を用意するは必要ありません。

 

プロミスは総量規制の対象

多重債務や過度の貸付を防ぐために、貸金業法により総量規制法が設けられました。これは、銀行には適用されず消費者金融にのみ適用されるものです。消費者金融であるプロミスは、総量規制法の対象となっているので年収の3分の1を超える借り入れは不可能となっています。そこでプロミスに申し込む際には、借り入れ希望額が年収の3分の1を超えないように気をつけましょう。

 

他社からの借り入れ合計額と件数は?

他社からの借り入れ件数が多かったり、借り入れの合計額が総量規制法による年収の3分の1以上になっている場合は、審査に通過することが困難となってしまいます。先に借り入れ件数や金額を整理しておくべきでしょう。他社からの借り入れ金額や借り入れ件数は、なるべく少ない方がプロミスの審査にとっては有利となります。

 

本人に収入がありますか?

カードローンの中には、専業主婦のように本人に収入が無くても借り入れが出来るものもあります。ですが、プロミスの場合は本人に安定した収入があるということが申し込みの際の重要なポイントとなるのです。パートであったり派遣社員だったり、バイトであっても収入さえあれば申し込み条件を満たしています。ですから主婦でも学生でも本人に安定した収入があるという条件を満たしていれば、大丈夫です。

 

申し込みは正確に

申し込み条件をせっかく満たしていても、職場や年収その他の項目に虚偽の内容があれば審査に落ちてしまうことがあります。また故意では無くても、書き間違いなどもNGです。申し込みの際には、きちんと記入内容をチェックして間違いがないか確認しておきましょう。借り入れ件数や申し込み・返済情報は個人信用情報機関で共有されていますから、虚偽の内容はバレてしまうので無駄なことはやましょう。

 

まとめ

知名度が高いプロミスは、安心して借り入れが出来るイメージが強く実際に多くの人々が利用しています。そのことからも分かる様に、プロミスの審査は他の業者と比較しても決して厳しいものではありません。条件を満たしており、書類や記入項目に嘘やミスがなければ申し込みの審査に通過する確率は高いと言えます。ただ、プロミスは消費者金融であり送料規制法の対象となっているので、本人に収入がない場合や既に年収の3分の1の借り入れを行っている場合は審査に通ることはありません。また申し込みの際に虚偽の内容、例えば年収や職業をごまかしたりすると他に問題がなくても審査に落ちてしまいます。そして、プロミス以外の業者で既に借り入れをしていたり、同時もしくは短期間で複数の業者へ申し込みを行っている場合も審査に不利となってしまうので気をつけなくてはいけません。プロミスを利用したいと考えているなら、申し込みの際には上記の事柄に気をつけてみましょう。

キャッシング詳細


プロミスプロミスのおすすめポイント


銀行グループ 実質年率 融資枠 無利息期間
SMFGグループ 4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日融資は平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

※フリーター/主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。


プロミス