MENU

これで大丈夫!プロミスなら誰にも知られずに利用出来る方法がある!

プロミスでは色々な方法によりカードローンへの申し込みを行うことが出来ます。申し込みの際に家族の同意や書類は必要ありません。しかし、申し込み方法によっては書類やカードが自宅へ郵送されてしまうことがあります。郵送の場合、プロミス名義で配達される訳ではなく差出人名は事務センターとなって届きます。ですからパッと見ただけでは、プロミスからの書類だとは分からないでしょう。ただし、家族に中身をみられてしまう可能性もないとは言えません。家族に絶対に知られない方法とは言えないでしょう。

 

またプロミスでは、職場への在籍確認も審査には必要となっています。これも、プロミス名で電話が掛かってくることはありませんが、職場の人間が受けてしまった場合、絶対に知られない方法とは言えません。ここでは家族にも職場にも知られないためには、プロミスではどの様な方法があるのか紹介しましょう。

 

プロミスプロミスのおすすめポイント

 

銀行グループ 実質年率 融資枠 無利息期間
SMFGグループ 4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日融資は平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

※フリーター/主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。

 

プロミス

 

 

郵送物が届かない様にするためには?

 

郵送物が自宅へ届かないようにするには自動契約機三井住友銀行ローン契約機、そしてプロミスの窓口を利用してみましょう。

 

自動契約機を利用する場合

 

自動契約機は、平日土日祝日に関わらずAM9:00からPM22:00まで利用することが出来ます。この自動契約機を使えば必要な書類を郵送することもされることもあません。キャッシングに必要なカードの受け取りも、自動契約機内で完了します。

 

三井住友銀行(SMBC)ローン契約機

 

プロミスでは専用の自動契約機だけではなく、三井住友銀行(SMBC)ローン契約機を利用する事も可能です。こちらも自動契約機と同じで誰にも会わずに済み、書類やカードの郵送もありません。営業時間は平日も土日祝日もAM9:00からPM10:00までとなっています。

 

プロミスサービスプラザ(プロミス窓口)を利用

 

必要書類を持参するとプロミスサービスプラザで申し込みから契約、カードまでその場で受け取ることが出来ます。営業時間は、AM10:00からPM18:00までですが一部の店舗では、平日のPM20:00まで営業しています。

 

職場への在籍確認対策は?

 

自宅への郵送物を防げても、職場への在籍確認の問題があります。基本的にプロミスでは、職場への在籍確認は必須となっています。職場へはプロミスではなく、個人名で電話をかけてくれるので普段から職場へ自分あてに電話がある人は問題ないでしょう。もし、席を外していても在籍しているという確認さえとれれば構いませんから、その場にいなくても在籍確認はクリア出来ます。

 

ただ、職場へ電話をかけて欲しくない場合は、電話でプロミスへ相談してみると良いでしょう。場合によっては、収入証明書や社会保険証など在籍を確認出来るものを提出することで、電話による在籍確認を避けられることがあります。しかし、これは必ず電話による在籍確認を避けられるという訳ではありません。書類による代用が不可能なこともあります。ただ、在籍確認の電話をどうしても避けたいというのなら、相談してみましょう。もし、相談した結果在籍の電話が必要だという場合は、時間を指定したりどんな名前で掛けて欲しいか要望を出す事も出来ます。プロミスでは可能な限り消費者の立場にたって確認を行ってくれますから、どんどん相談してみて下さい。

 

まとめ

お金は借りたくても、家族にも会社にも知られたくない為に金融業者への申し込みを躊躇してしまう人は少なくありません。プロミスではこうした利用者のニーズに合わせて、なるべくまわりに消費者金融に申し込みを行ったことを知られない様に配慮してくれています。例えば、郵送物に関してはプロミスの名前ではなく差出人名は事務センターとなっています。それでも郵送物を一切自宅に配達してほしくないという場合には、カードレスのWeb完結サービスや申し込みはWebで行い自動契約機や窓口でカードを受け取るという方法を選べるのです。また職場への在籍確認ですが、プロミスへ連絡をすることで電話に代わる代替え案を提案してくれることもあります。ただしプロミスでは基本的に職場への在籍確認は必要となっています。電話を避けられない場合でも、プロミス名は出さず個人名で電話があります。在籍確認の時間などに関しても相談にのってくれますから、兎に角在籍確認に不安があるならプロミスへ相談してみましょう。この様に申し込み方法やカードの受け取り方法を考慮すれば、まわりにバレることなくプロミスを利用することが出来ますよ。

 

プロミスの詳細確認はコチラ

カードローンにはどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

 

カードローンのメリットやデメリットなどをしっかりと把握しましょう

カードローンについて、みなさんはどの程度のことをご存知でしょうか。例えばカードローンには消費者金融系のカードローンと銀行系のカードローンがあるのですが、これらの違いについて正確に答えられる人は少ないはずです。現在は様々な金融機関がカードローンを提供していますので、種類が多すぎてどのカードローンを選択すればよいのかわからず困っている人などもいるかもしれません。カードローンを賢く利用するためには、それぞれのカードローンのメリットデメリットなどを把握しておくことが重要になります。これらをしっかりと確認して、カードローンを私たちの日々の暮らしのために役立てましょう。

 

銀行系カードローンのメリットとデメリットをご紹介します

現在では三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行やみずほ銀行などの大手銀行がカードローンの提供を行っていますし、またオリックス銀行や楽天銀行などのネット銀行でもカードローンの提供に力を入れています。銀行系カードローンにはどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

 

銀行系カードローンのメリットについて

低金利で利用することができます

銀行系カードローンの最大のメリットは、消費者金融系カードローンよりも低金利で利用できることです。金利が低いため利息の負担も少なく、返済総額を抑えながらカードローンを利用することができます。

 

大きな金額の借り入れを申し込むことができます

過剰な融資が行われて利用者が返済不能に陥ることを防ぐために、カードローンには借り入れの限度額を規制する総量規制が適用されています。総量規制により借り入れができる最大限度額は年収の3分の1までに制限されていますので、原則としてこれを超える金額の借り入れを申し込むことはできないのです。ただし総量規制は貸金業者を規制する貸金業法に基く規制であるため、貸金業者に該当しない銀行のカードローンには適用されません。銀行系のカードローンであれば、年収の3分の1を超える大きな金額の借り入れを申し込むことができるのです。しかし実際に借り入れを認められるためには、審査に申し込んでこれに通過することが必要になります。審査は厳しく行われますので、年収の3分の1を超える金額の借り入れを認めてもらうことはかなり難しいといえるでしょう。

 

銀行系カードローンのデメリットについて

 

審査はかなり厳しく行われます

銀行系カードローンには低金利で大きな借り入れを申し込むことができるというメリットがあるのですが、その一方で審査は厳しく行われることになります。厳密に時間をかけて審査が行われますので、即日融資を受けることは難しいといえるでしょう。すぐにお金が必要な人の場合には、審査に通りやすく即日融資にも対応している消費者金融系のカードローンに申し込むことをおすすめします。東京三菱UFJ銀行が提供するカードローン「バンクイック」などのように、最短30分で審査が完了して即日融資にも対応できる銀行系カードローンも登場しているのですが、即日融資に対応できる銀行系カードローンは今の時点では種類が少ないようです。

 

普通預金口座が必要になります

銀行系カードローンの多くでは、利用するためには普通預金口座が必要であることが一般的です。一部には普通預金口座なしで利用できる銀行系カードローンなどもあるのですが、本来利用できるはずのサービスが利用できなかったり、また返済方法などが限られてしまったりするため不利になってしまいます。カードローンに申し込みむのであれば、同時に普通預金口座の開設を申し込むことをおすすめします。

 

消費者金融系カードローンのメリットとデメリットをご紹介します

 

消費者金融といっても様々であり、テレビのコマーシャルなどでおなじみのアコムやプロミスなどの大手消費者金融を利用することもできますし、また様々な中小の消費者金融を利用することもできます。今回はわかりやすく比較をするために大手消費者金融を例にして、消費者金融系カードローンのメリットとデメリットについてご紹介したいと思います。

 

消費者金融系カードローンのメリットについて

 

審査や融資がスムーズに行われます

消費者金融の場合には比較的カードローンの審査には通りやすく、審査や融資がスムーズに行われることが多いようです。ただしこれはあくまでも銀行系カードローンと比較しての話であり、実際には消費者金融系のカードローンであっても審査はしっかりと行われます。消費者金融系のカードローンであっても、利用するためには審査を受けてこれに通過することが必要なのです。消費者金融ではカードローンの審査が迅速に行われますので、申し込みから最短30分で融資の可否が判明します。さらに即日融資にも対応していますので、すぐにお金が必要だという人は消費者金融系カードローンへの申し込みを検討してみてください。

 

土日祝日の融資にも対応しています

消費者金融では土日祝日の借り入れにも対応していますので、いつでも手軽にカードローンを利用することができます。一方の銀行の場合にはカードを利用すれば土日祝日でもATMによる借り入れが可能なのですが、振込みによる融資を希望する場合には実際の入金は翌営業日になってしまうかもしれません。三菱東京UFJ銀行では営業時間外の審査や融資に対応した「テレビ窓口」のサービスを提供していますので、土日祝日の利用を希望する人はこちらのサービスの活用も検討してみてください。

 

無利息期間サービスを利用することができます

消費者金融各社では、新規顧客の獲得を目的として各種のサービスの提供に力を入れています。特におすすめなのが無利息期間サービスです。あらかじめ設定された期限内(30日間など)に返済を行うようにすれば利息が0円になりますので、利息の負担なしでカードローンを利用することができるのです。例えば給料日の直前に生活費が足りないといった場合には、無利息期間サービスを活用して給料日に確実に返済をするようにすれば、自分の銀行口座と同じような感覚でカードローンを利用することができます。ただし実際に無利息期間サービスを利用するためには各種の利用条件を満たすことが必要です。ほとんどの場合にはカードローンの利用が初めてであることが、無利息期間サービスを利用するための条件となっています。無利息期間サービスの利用を希望するのであれば、事前に利用条件をしっかりと確認しておくことをおすすめします。現在はアコム・プロミス・ノーローンなど大手消費者金融の多くが無利息期間サービスの提供を行っています。特にノーローンでは1週間の無利息期間サービスを初回利用者以外にも適用していますので、短期での返済が可能な人は積極的に活用してみましょう。

 

消費者金融系カードローンのデメリットについて

 

金利はやや高めに設定されています

消費者金融の場合には、銀行系カードローンと比較すると金利がやや高めに設定されています。また総量規制が適用されるため借り入れができる最大限度額は年収の3分の1までに制限されます。これは審査に通りやすいという消費者金融のメリットとは表裏一体の関係になります。消費者金融系カードローンの場合には銀行系カードローンよりも貸し倒れが発生する可能性が高くなりますので、その分を高額な金利を設定することで補っているのです。

 

消費者金融に悪いイメージを持つ人が多いようです

消費者金融については以前の「サラ金」の印象が強いため、現在でも消費者金融に対して悪いイメージを持つ人が多いようです。しかし実際には消費者金融を利用しても、法外な利息を請求されたり暴力的な取立てを受けたりすることは一切ありません。現在の消費者金融は法律を遵守した営業を行う正規の金融業者となっていますので、誰でも安心して気軽に利用することができるのです。消費者金融のカードローンでは即日融資を利用することができますし、また職場への電話による在籍確認を省略したり、自宅などへの郵便物が省略できる場合などもあるようです。消費者金融では顧客サービスの充実に力を入れることで、クリーンなイメージの獲得を目指しています。

 

サービス豊富なカードローンならプロミスがオススメ

 

カードローンは利用目的やライフスタイルに合わせて選択しましょう

銀行系カードローンと消費者金融系カードローンと比較してみると、主に以下のような違いがあるようです。

  • 銀行系カードローンは低金利で利用することができます
  • 銀行系カードローンには総量規制が適用されないため、大きな金額の借り入れを申し込むことができます
  • 銀行系カードローンを利用するためには普通預金口座が必要になることが多いようです
  • 消費者金融系カードローンは比較的審査には通りやすくなっています
  • 消費者金融系カードローンはスピード審査スピード融資に対応しています
  • 消費者金融系カードローンでは無利息期間サービスなどの提供に力を入れています

カードローンを選択する際に特に注意したいポイントは金利です。消費者金融系カードローンでは上限金利は18%程度に設定されていることが一般的なのですが、銀行系カードローンであれば上限金利14%〜15%程度で利用することができますので、大きな金額の借り入れを希望する場合や長期での返済を希望する場合などには、銀行系カードローンを選択することをおすすめしたいと思います。銀行系カードローンや消費者金融系カードローンを利用するためには審査を受けてこれに通過することが必要なのですが、審査の際に確認されるポイントはほぼ共通しているようです。具体的には「安定した収入の有無」「これまでの利用履歴」「他社借り入れなどの状況」などにが審査に大きく影響することになりますので、実際に申し込む前に自分自身の状況をもう一度しっかりと確認してみてください。銀行系カードローンと消費者金融系カードローンにはそれぞれにメリットやデメリットがありますので、その特徴をしっかりと理解して自分の利用目的やライフスタイルなどに合致したカードローンを選択するようにしましょう。

キャッシング詳細


プロミスプロミスのおすすめポイント


銀行グループ 実質年率 融資枠 無利息期間
SMFGグループ 4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日融資は平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

※フリーター/主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。


プロミス